本居宣長は江戸時代に活躍した国学者、文献学者、医師です。 古事記の研究に取り組んだ本居宣長は注釈書である「古事記伝」を残し、その

国学 古事記 伝

  • 本居宣長(もとおり のりなが)とは - コトバンク
  • 江戸時代に「古事記伝」を著し,国学を大成した人は誰でしょう?|こたえあわせ
  • 古事記学センター – 國學院大學
  • 本居宣長(もとおり のりなが)とは - コトバンク

    たとえば,《古事記伝》を著し近世国学の主流を築いた本居宣長は,《日本書紀》が正格の漢文体で書かれ漢文として必須の故事,出典を踏まえていることを〈漢意(からごころ)〉による潤色とみなし,《古事記》が同じく漢字で書かれているにも ... 中田敦彦が「教育系YouTuber」として、学べる動画を毎日更新。生で授業を受けたい人は中田敦彦オンラインサロン「PROGRESS」へ。入会はコチラ https ...

    国学 - Wikipedia

    真淵の門人である本居宣長は、『源氏物語』を研究して「もののあはれ」の文学論を唱える一方で、『古事記』の実証的な研究で上代の日本人は神と繋がっていたと主張して『古事記伝』を完成させた。この時点で国学は既に大成の域にあった。 弥生時代に出現した超大国は、意外な場所でした。既存の説の問題点を論破し、最も有力な場所を特定します。考古学・文献史学以前に、超大国が出現する為の絶対条件は、農業です。世界四大文明をはじめ、超大国には、必ず大きな農業生産がありました。 『古事記』『日本書紀』に登場する神々を、神名別に現代語訳しています。神社の神さま、どんな方?ついでに中国史も。日々の更新は『ひもろぎ逍遥』にて。コメントの返信は現在しておりません。 綾杉るな

    【復古神道とは】わかりやすく解説!!どんな思想?時代背景・唱えた人物など! | 日本史事典.com

    国学者の賀茂真淵は儒教や仏教など、海外で生まれた思想に影響を受けない日本古代の思想を追求しました。そして、賀茂真淵は国学を体系化し、学問として完成させたのです。 賀茂真淵の門人である本居宣長は『古事記』の研究をすすめ『古事記伝』という注釈書を完成させました。 古事記中つ巻. 古事記中つ巻は初代天皇である神武天皇から15代天皇の応神天皇までの御代までのお話が紹介されております。 有名な話をあげますと「神武東征」「沙本毘古の反乱」「倭建命伝説」「皇后の新羅遠征」「天之日矛の渡来」などがあります。

    古事記研究データ – 國學院大學 古事記学センターウェブサイト

    『古事記』に登場する氏族に関するデータベース。名前の読みや登場箇所、諸説について調べることができます。 ※このdbは古事記ビューアーと連動しています。 伊勢神宮のお膝元、松阪市出身の本居宣長が、『古事記』に由緒をもつ、地元の神々や生き物まで、本文にもとづいて入念に考証する作業の一端を知っていただければと思います。 江戸封建社会の基盤になった儒教の漢心(からごころ)に対して 魏志倭人伝は三つの章にわけられるような、整然とした構成をしています。 第一章 邪馬台国への行路・倭の国々 第二章 倭の風俗 ・習慣 第三章 政治と外交・卑弥呼の死後

    『古事記傳』(現代語訳) - FC2

    古事記、日本書紀の成立過程を論じ、古事記は上代のことを口誦で伝え、そのまま記しているが、日本書紀は漢籍に似せるための潤色や作為が多いと言う。 書紀の論ひ(しょきのアゲツラヒ) ... 八木美穂伝 : 幕末国学者 著者 小山正 著 出版者 八木美穂顕彰会 出版年月日 1960 請求記号 121.27-Y136Ky 書誌ID(国立国会図書館オンラインへのリンク) 000001018381 DOI 10.11501/2968278 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示 資料種別 (materialType ...

    江戸時代に「古事記伝」を著し,国学を大成した人は誰でしょう?|こたえあわせ

    こたえあわせ:江戸時代に「古事記伝」を著し,国学を大成した人は誰でしょう? 滝沢馬琴 前野良沢 吉田兼好 本居宣長 ... 古事記伝(こじきでん)とは。意味や解説、類語。古事記の注釈書。44巻。本居宣長著。寛政10年(1798)完成。文政5年(1822)全巻刊。最初の文献学的な古事記研究書。宣長の国学思想の基礎をなしている。 - goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的 ... 来を物語っているのに対して, r古事記Jといえば, 江戸中期の国学者本居宣長が, rふることぶみ」と称 して本書の注釈書を表わしているように, r古事記 伝7).1とは文字通り「ふることぶみJといってもよい であろう。

    古事記伝 - Wikipedia

    なお、『古事記』本文の定本の一つとして、現在でも参考に用いられている『訂正古訓古事記』は、宣長の死後、1803年(享和3年)に、弟子の長瀬真幸が『古事記伝』の本文と訓のみを一部訂正して出版したテキストである。 文学・歴史研究への影響 「国学」は江戸時代から明治時代にかけて日本独自の精神文化を研究した学問です。多くの国学者が現れ、さまざまな研究成果を残しました。明治時代の欧化政策などによってその系譜は途絶えましたが、その研究の視点から日本独自の文化についての新しい知見を得ることができます。 ここ ... 2)『古事記』解釈史・研究史の研究 1)については、國學院の古事記・日本書紀研究の蓄積を基礎としながら、本文に即した解釈という視点から今日の諸研究を再検討しつつ、それらをふまえた新しい解釈と現代語訳を提示する。2)については、国学史、歴史学 ...

    国学者・本居宣長さんの何がスゴイ?医学をやりつつ「古事記伝」を完成す - BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

    享保十五年(1730年)5月7日は、国学者・本居宣長が誕生した日です。 日本史の授業でもおなじみですし、著作の「古事記伝」と共に太字になっていたり、先生に赤ペンで線を引かされたりした方も多いでしょう。 本居宣長はなぜ古事記伝を著したのでしょうか? 古事記を研究する意義を教えてください。日本書紀との比較に限らず、そもそも古事記、日本書紀(記紀)を研究する意味とは何でしょうか? まず抑えておくべきことがありま... 古事記より本牟智和気王のお話を現代訳でご紹介。言葉を話すことのできない我が子、本牟智和気王に悩んだ天皇は、ある日夢でお告げを聞いて御子を出雲へ向かわせる。

    古事記伝(こじきでん)とは - コトバンク

    古事記の注釈書。44巻。本居宣長著。寛政10年(1798)完成。文政5年(1822)全巻刊。最初の文献学的な古事記研究書。宣長の国学思想の基礎をなしている。 国学の発達. 元禄期に始まった『万葉集』などの古典研究は、18世紀後半になると、『古事記』や『日本書紀』などの歴史書の研究へと進み、それらの古典のなかに日本古来の精神、古道を明らかにしようとする国学に発展した。 古事記より約600年も古い、西暦126年に編纂された古史古伝の 「秀真伝(ホツマツタヱ)~すばらしいマコトの伝え」 に詳しく記されています。 ちなみに、この「ホツマツタヱ」には. 漢字が伝来される以前のホツマ文字という 神代文字 が用いられており、

    『古事記伝』への道 - norinagakinenkan.com

    「古事記、日本紀に同じく有ことをは古事記を挙つ、古事記はまことのふみ也、紀はから文に似たらんとつとめ書つれば、訓におきて人のおもひまどふ事もまじれば也、されど紀にてことわり明らけきをば紀を先とせり、旧事紀は後につくれるものにて ... ――古事記の成立の前提として、本文に記されている過去のことについて、まずわれわれが、傳えごとによつて過去のことを知ることを述べ、續いて歴代の天皇がこれによつて徳教を正したことを述べる。太の安萬侶によつて代表される古人が、古事記の ... 古事記伝 古事記伝の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年8月) 『古事記伝』再稿本(本居宣長記念...

    古事記|あらすじ

    ぶっちゃけ 全部 読むのは めんどくさい古事記。小難しい解説はなくして、サラッと「あらすじ」だけまとめました。自由すぎる神々と、ユルすぎる天皇たち♡ この「あらすじ」で好きになっていただけたら、古事記の現代語訳にも挑戦してみてください♪♪ 第二節 古事記 / p123 (0093.jp2) 第三節 祝詞と宣命 / p125 (0094.jp2) 第四節 歷史と歷史地理 / p132 (0098.jp2) 第五節 漢籍 / p155 (0109.jp2) 第六節 假字音韻(著作、その他) / p158 (0111.jp2) 第七節 雜記・隨筆その他 / p195 (0129.jp2) 第三篇 思想と敎育 / p207 (0135.jp2)

    本居宣長は古事記研究の最高傑作『古事記伝』を書いた! - 大学受験の日本史を極めるブログ

    本居宣長の名著・古事記伝とは. 本居宣長は、契沖の書いた『万葉代匠記』を学び・賀茂真淵を師匠として古道説(復古神道)を学んだ。 国学の英才教育を受けてきたんだ。 その真淵に勧められ、日本最古の歴史書である『古事記』の研究をはじめた。 『古事記伝』(記伝)は、江戸時代の国学者・本居宣長が35歳頃から35年をかけて書き連ねた『古事記』全編にわたる全44巻の註釈書です。 第1巻では、『古事記』と言う本の価値を明らかにし、『日本書紀』等の本との比較、書名、諸本、研究史、また解読の基礎となる文体論、文字や訓法に ... 本居宣長 もとおりのりなが (a.d.1730〜a.d.1819) 国学者。伊勢松坂の医者。真淵に学び、自宅鈴屋で国学を教え、『源氏物語』を研究して「もののあわれ」を主張し、『古事記』の精密な研究により古道を説き、外来思想を排除して日本古来の精神に返ることを主張。

    古史古伝-古事記以前の書 - AAA!cafe

    古史古伝・・・古事記以前の書 古史古伝とは、神代を歴史的叙述の対象とし、神代文字に関する伝承を有する古文献と称されるもので、多くは没落した民族の伝承と伝えられ、アカデミズムに史料的価値を認められない共通性がある。 秀真伝を実際に読んでみると古事記・日本書紀の表の歴史ではなく裏の歴史が垣間見えてくるのです。秀真伝(ホツマツタエ)の字は大変難しいものです。 おそらく語源は、東(あずま)と言われています。秀真とあずまは、同じような意味合いで使われて ...

    本居宣長の古事記伝はどんな内容?巻別に内容が異なるって本当? | 神社・神道の世界を学ぶためのブログ

    今のあなたは「本居宣長が書いた古事記伝ってどんな内容なの?」と気になっていませんか?もし宣長が『古事記伝』を書いていなければ、『古事記』が現代でも愛されることはなかったでしょう。そこで、今回は『古事記伝の基礎情報・巻別の内容』について深堀りします。 それ以後はますますその考え方になって、(古事記を)取って見ようという人もまれになり、世間の物知りたちは、これを正しい国史の体を成していないとして、なおざりに思ってきたのはとても残念である。そもそも皇国の古い国史というものは、これら ...

    古事記学センター – 國學院大學

    そして、本研究事業がこのたび文部科学省平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」タイプb(世界展開型)として採択されたことを受け、「「古事記学」の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育・発信―」として、これまでの研究事業を発展させ開始し ... 国学の精神の継承発展を期するのですから、『日本書紀』『古事記』などの漢字文献との詳細な対比比較を考究します。その差、比較からみられる差異の生じた理由の根源にまで理解を及ぼして、その差の評価をします。各々の文献の比較と、評価を判断し ...

    古事記について – 國學院大學 古事記学センターウェブサイト

    今後の『古事記』研究は近世国学が果たした内容も含め、『古事記』についてどこまで分かっていて、今後何を果たしていくべきなのかを振り返る必要に迫られています。その意味で『古事記』研究は現在大きな転換点を迎えており、日本の古典のなかでも ... 古事記の場合、1372年より前に存在したことを疑う人はいないので、実際にはあまり意味はありません。 「本居宣長手沢本古事記」は本居宣長が手元に置いて書き込みをしていた「古事記」で、これが現代まで伝わっています。その奥書に、天明7年(1787)の ... さて本題の国学についてですが、宣長が目指したのは日本で最も最古の書物である古事記(ふることふみ)を読むことでした。 これを読むことが出来るようになって初めて国学が完成したと言えると考えていました。

    維新志士に大きな影響を与えた本居宣長の「古事記伝」その歴史的意義とは | 挑解釈!戦国時代・江戸時代

    「古事記伝」とは、8世紀前半にまとめられた古事記を研究し、解釈を記した書物です。 本居宣長によって18世紀後半に作成されました。 この本居宣長による古事記伝の作成には、文学的意義もさることながら、大きな歴史的意義がありま・・・ 本居宣長(もとおりのりなが)とは 江戸時代を生きた国学者です。 ※文献学者や医師でもあります。 誕生時期:1730年6月21日 死亡時期:1801年11月5日 国学の四大人(しうし)の一人で医学を修める 一方、源氏物語の研究などを行いました。 本居宣長とはどんな人だったのか 何をした人だったのか? 8世紀初頭の古事記から始まり、67巻に亙る日本文明の根幹を成す一次資料の集積である。日本書紀、続日本紀等の、日本最古の歴史書が並ぶ。仏教伝来からインドと唐の文明を昇華して、奈良仏教が成立し、そして漸く日本的な仏教が出現する。最澄の天台宗比叡山・空海の真言宗高野山と ...

    九州国立博物館 | 文化交流展示情報 古事記完成1300年記念特別公開 : 「古事記伝と九州の国学者」

    わが国最古の歴史書「古事記」。伊勢国松坂の医師・国学者である本居宣長が著した『古事記』の注釈書が『古事記伝』。平成24年(2012)が、「古事記」完成から1300年にあたるのを記念して、本居宣長自筆本の『古事記伝』を特別公開します。 古事記現代語訳; 天地のはじめ: 天地(アメツチ)が初めて現れ動き始めた時に高天原(タカマノハラ)に成った神の名は、 天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、次に高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)、 次に神産巣日神(カミムスヒノカミ)、この三柱の神は、みな独り神として、

    古事記傳. 巻1,2 - 国立国会図書館デジタルコレクション

    『古事記』の注釈書。著者本居宣長(1730-1801)は江戸時代中期の国学者。伊勢松坂の人、鈴屋と号した。宝暦13年(1763)34歳の時に賀茂真淵に入門。『古事記』注釈研究に志し、30数年かけて完成したのが『古事記伝』全44巻44冊である。宣長自筆の稿本は草稿(初稿 ... 三重県松阪市にある、江戸時代の国学者「本居宣長」ゆかりの品々を展示した『本居宣長記念館』へ行ってきました。当時すでに解読不可能になっていた古事記を読み解いた「古事記伝」を35年かけて著した方で「本居宣長旧宅」なども拝見できます。この一帯は史跡「松阪城跡」ですし、見事 ...

    本居宣長について!和歌・古事記伝・歌論書、名言や子孫について解説!

    本居宣長は江戸時代に活躍した国学者、文献学者、医師です。 古事記の研究に取り組んだ本居宣長は注釈書である「古事記伝」を残し、その他にも、和歌を題材にした歌論書となる「排蘆小船」隋筆「玉勝間」などを残しました。 『高森ウィンドウズ』#97(2012/03/08) 普段あまり並べて読まれることのない古事記と魏志倭人伝。しかし実際に両書を読み比べてみると、以外に共通 ...



    なお、『古事記』本文の定本の一つとして、現在でも参考に用いられている『訂正古訓古事記』は、宣長の死後、1803年(享和3年)に、弟子の長瀬真幸が『古事記伝』の本文と訓のみを一部訂正して出版したテキストである。 文学・歴史研究への影響 古事記の注釈書。44巻。本居宣長著。寛政10年(1798)完成。文政5年(1822)全巻刊。最初の文献学的な古事記研究書。宣長の国学思想の基礎をなしている。 享保十五年(1730年)5月7日は、国学者・本居宣長が誕生した日です。 日本史の授業でもおなじみですし、著作の「古事記伝」と共に太字になっていたり、先生に赤ペンで線を引かされたりした方も多いでしょう。 本居宣長の名著・古事記伝とは. 本居宣長は、契沖の書いた『万葉代匠記』を学び・賀茂真淵を師匠として古道説(復古神道)を学んだ。 国学の英才教育を受けてきたんだ。 その真淵に勧められ、日本最古の歴史書である『古事記』の研究をはじめた。 『古事記』に登場する氏族に関するデータベース。名前の読みや登場箇所、諸説について調べることができます。 ※このdbは古事記ビューアーと連動しています。 今後の『古事記』研究は近世国学が果たした内容も含め、『古事記』についてどこまで分かっていて、今後何を果たしていくべきなのかを振り返る必要に迫られています。その意味で『古事記』研究は現在大きな転換点を迎えており、日本の古典のなかでも . こたえあわせ:江戸時代に「古事記伝」を著し,国学を大成した人は誰でしょう? 滝沢馬琴 前野良沢 吉田兼好 本居宣長 . 「古事記伝」とは、8世紀前半にまとめられた古事記を研究し、解釈を記した書物です。 本居宣長によって18世紀後半に作成されました。 この本居宣長による古事記伝の作成には、文学的意義もさることながら、大きな歴史的意義がありま・・・ 真淵の門人である本居宣長は、『源氏物語』を研究して「もののあはれ」の文学論を唱える一方で、『古事記』の実証的な研究で上代の日本人は神と繋がっていたと主張して『古事記伝』を完成させた。この時点で国学は既に大成の域にあった。 「古事記、日本紀に同じく有ことをは古事記を挙つ、古事記はまことのふみ也、紀はから文に似たらんとつとめ書つれば、訓におきて人のおもひまどふ事もまじれば也、されど紀にてことわり明らけきをば紀を先とせり、旧事紀は後につくれるものにて . 『古事記』の注釈書。著者本居宣長(1730-1801)は江戸時代中期の国学者。伊勢松坂の人、鈴屋と号した。宝暦13年(1763)34歳の時に賀茂真淵に入門。『古事記』注釈研究に志し、30数年かけて完成したのが『古事記伝』全44巻44冊である。宣長自筆の稿本は草稿(初稿 .